専門家チーム紹介

刀根 浩志 (Hiroshi Tone)

刀根 浩志 観光ビジネス総研株式会社 代表取締役
(独)中小企業基盤整備機構 チーフアドバイザー
観光ビジョン推進 関西ブロック会議 アドバイザー
沖縄県「戦略的課題解決型観光商品等支援事業」アドバイザー
島根県出雲市 観光アドバイザー
地球の歩き方総合研究所 研究員
2003年 観光庁「観光カリスマ百選」認定 2007年 経済産業省「地域中小企業サポーター」
同年 内閣府「地域活性化伝道師」認定 (財)まちむら交流機構「観光立村相談員」認定
2008年 内閣府「地方再生戦略会議」アドバイザー 2014年~ 京都外国語大学 講師
2016年~ 中小企業大学校 関西校 人吉校 旭川校 講師 他
「まちの観光経営があなたの経営や生き甲斐に直結する」といった『観光行動経済論』を提唱し、「旅人と地域の人が互いに高まり合える観光」を創造して参りました。
地方に眠る資源や人材、自然などを最大限に生かした地域オリジナルのツーリズム創造を数多く手がけ、近年ではインバウンドが騒がれ観光振興本来の目的を見失うまちも多い中、「観光は文化の輸出である」ことを訴え、日本文化に根付いたほんものの技や匠、生活文化といった地域の宝を世界に発信し続けることで「日本人に改めてわがまちを見直していただき住民も自らの暮らしを誇れるようになりました。」との声をたくさんいただいております。

川端 祥司 (Shoji Kawabata)

レインボウパブリシング株式会社 代表取締役
株式会社ダイヤモンド・ビッグ社 インバウンド事業顧問
地球の歩き方総合研究所 主任研究員
観光ビジネス総研 研究員兼アドバイザー
(独)中小企業基盤整備機構 チーフアドバイザー
1982年小樽商科大学卒業後、㈱日本リクルートセンター(現㈱リクルート)入社。
2008年12月、㈱ダイヤモンド・ビッグ社インバウンド事業顧問に就任。
2009年7月「GOOD LUCK TRIP」シリーズ新創刊。
観光庁 VISIT JAPAN PLUS 大阪ワーキンググループメンバー
国土交通省航空局 今後の中部圏の空港のあり方に関する調査検討会委員
中小企業大学校東京校 旭川校 講師 他
地方にとってのインバウンドは、外国人に限らずその土地へ外から来る日本人も外国人もまとめてインバウンドと捉えれば受け入れ側のハードルも下がります。
これから益々、地方への観光客が増えていきます。観光で地方での消費が増え、地方が元気になり、そして日本が元気になるよう微力ながら今までの経験をベースにお手伝いさせて頂きます。自分の街に自信と誇りを持ち、インバウンドをどんどん受け入れ、日本を元気にしましょう!

千葉 深香 (Mika Chiba)

地球の歩き方総合研究所 事務局スタッフ
株式会社インプリージョン 観光まちづくりプロデューサー
観光ビジネス総研 研究員兼アドバイザー
(独)中小企業基盤整備機構 チーフアドバイザー
長年MICE事業や地域振興等に携わり、観光まちづくりや各地のインバウンド支援、企画、調査などを担当いたします。

稲見 みずえ (Mizue Inami)

株式会社エミリアトラベル 代表
観光ビジネス総研 研究員兼アドバイザー
20年以上、欧米を中心とした海外からの個人旅行者の日本国内旅行の着地型旅行商品の企画を行う。お客様からのあらゆるリクエストに確実にお答えする商品を提供しており、
リピーターからの信頼も厚い。近年は地方自治体からの商品造成などのアドバイスも行っており、商品販売に直結した企画造成には定評がある。近年では、復興庁案件の外国人へ誘客するしくみづくりでもお客様に満足いただける商品の造成に力を発揮した。

フェラーリ マルコ (Marco Ferrari)

エミリアトラベル セールスマネージャー
観光ビジネス総研 研究員兼アドバイザー
イタリアのエミリアロマーニャ州レッジョエミリア出身、オーストラリアで語学留学、結婚を機に日本へ。イタリアでは観光学科を専攻していたこともあり、欧州のオペレーター、旅行会社と幅広いコネクションを持つ。
エミリアトラベルでは、お客様と直接会話をし、旅のプランニング、セールス、旅行中のお客様へのサポート、アシスタントガイドなど、すべて行うオールラウンダーです。

野口 貴裕 (Takahiro Noguchi)

BOJ株式会社 代表取締役
観光ビジネス総研 研究員兼アドバイザー
中学卒業後、カナダ・ケベック州の高校へ単身留学。カナダ・オタワ大学を卒業。帰国後はソニー株式会社や外資系メーカーにて日本とアメリカにてブランドマーケティングを中心とした業務に従事。約12年の北米滞在歴、40カ国以上の旅行経験から、日本各地域にある「本当の日本の美しさ」が海外に知られていないことを実感し、欧米インバウンドに特化したBOJ株式会社を設立。
積極的に欧米現地へ飛び、海外営業活動を行った結果、設立4年で欧米豪からの旅行者を中心に年間25,000人以上の予約手配実績を作り、個人/団体/富裕層/インセンティブなどを手がける。
地元の方々が気づかない地域の魅力の発掘、地域資源を活かした欧米人目線でのプログラム造成、及びそれらを活かした商品開発を得意とする。良い商品を造る上で必要なのは「旅行者をおもてなしたいという地域の方々の想いとパッション」であり、地域の方皆さんと一緒に商品を造っていきたい、という想いを抱いている。

笹島 健太 (Kenta Sasajima)

BOJ株式会社 Kyoto Branch Manager
観光ビジネス総研 研究員兼アドバイザー
欧米豪に特化したインバウンド専門旅行会社の立ち上げメンバーとして従事し5年目。
出身地である宮城県松島町での着地型アクティビティおよびツアー造成の成功をきっかけに、日本各地での視察・ツアー造成を手掛けるように。
地方に眠る日本本来の良さや、人々の生活・地域の歴史にフォーカスし欧米豪の訪日客に好まれるコンテンツの掘り起こしを得意とする。

久米 研二 (Kenji Kume)

ソールドアウト株式会社 代表取締役
観光ビジネス総研 研究員兼プロモーションアドバイザー
旅先で絵地図やパンフレットを目にすると、持って帰らずにはいられない性格。生来の地図好きが高じてか、現在は着地型・体験型観光等に関する情報発信ツール(パンフレット・ホームページ・写真/ビデオ)を企画し制作する仕事をしています。
そのツールを手に取る人に『ここに訪れてみたい』と思ってもらおうと体験プログラムや現地の人を取材しています。私たちが作るパンフレットには観光事業者・宿泊施設・地域住民など「おもてなし」をする側の人たちの思いがギッシリ詰まっています。

岸田 すみ子 (Sumiko Kishida)

T・C・M・design office 代表
観光ビジネス総研 研究員兼モノづくりアドバイザー
デザインワークは49年間。多くの大企業、中小企業とデザインプロジェクトを完成させ、インハウスデザインナーには、思いつかない新しい発想で、多くのデザイン提案を行った事が私の強みです。
これまでのデザインワーク、「ものづくり」の経験を活かし、メンバーとして観光事業の発展に貢献致します。また女性、妻、母としてデザインを仕事として続けた経験を生かし、使う、利用する側から、また、モノを提案する、問いかける側から、と、多方向からの取組みを支援いたします。
実績
「松下電工株式会社(現パナソニックエコソリューションズ社)—ギャラリークオーツ、初代のアーバン(電機あんま椅子)、ホットカーペット」「象印マホービン株式会社—炊飯器、食器洗い器、コーヒーメーカー、電動ポット、ステンレスポット等」
・宮城県(財)みやぎ産業振興機構「実践経営塾」ビジネスプロジューサーとして経営相談全般業務に携わる(2005年~2008年)。㈱ブルース・インターフェイスの「教育者向け英語教材」の商品デザインと販路確立などを行なった。
・「南部鉄器」の伝統工芸を日常生活に取り入れる事を目標に支援し、製品化へと繋げました(2007年)。
・(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部でPM,CADとして「地域産業資源活用事業」への申請前のブラッシュアップ、認定後のフォローアップ業務に携わる(2009年~2019年)。
・同様にアグリビジネス支援として「産直広場 あぐりっと」の三浦氏に同行し、売り場見学などを通して、売る事の大切さや時代の要求を伝えました。

川辺 友之 (Tomoyuki Kawbe)

1971年、大阪府生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。
株式会社パーシヴァル代表取締役。
観光ビジネス総研 研究員兼アドバイザー
 

クラウドファンディング伝道師、FAAVO大阪代表
大阪谷町で三代続く紳士服メーカーの三代目。
インターネット通販黎明期より楽天市場に出店し、フォーマルスーツ専門店などを運営。
2012年にクラウドファンディングと出会い、2014年には投資型ファンド「ミュージックセキュリティーズ」を利用して、
「紳士服の街 谷町復活スーツファンド」を呼びかけ1500万円を調達。
その後、地域型クラウドファンディング「FAAVO大阪」の代表に就任し、2014年3月12日よりFAAVO大阪の運営開始
運営責任者として、200件以上のプロジェクトをプロデュースし1億円以上の調達に成功。案件の75%を達成させる。
「真田幸村スーツ」クラウドファンディングで約250万円調達し、その後、地域の武将を取り上げ
「織田信長」「島津義弘」「石田三成」「上杉謙信」など武将スーツシリーズで地方創生事業を行っている。
家業の紳士服業を再生し、一時期40億円あった借金もすべて解消。
現在は、クラウドファンディングの募集と運営をともに成功させた稀有な経験を武器に、全国各地へ講演や指導を行う。
「クラウドファンディングの成功例を日本一知る男」と呼ばれ、クラウドファンディング伝道師として活躍中。

刀根 友香 (Yuka Tone)

観光ビジネス総研 研究員兼食のアドバイザー
料理教室主宰
フードコーディネーター
食空間コーディネーター
一般社団法人 ホールフード協会
タカコ ナカムラ ホールフードスクール インストラクターコース修了
正食協会 正食クッキングスクール 師範科修了
AGE 検定中級コース修了
ライフクリエーター 永野いく子女史に師事
支援実績
新温泉町商工会 大阪府商工会連合会 能勢町商工会 富田林商工会 狭山商工会