業務内容

主な業務内容

  • 観光都市計画に関する企画、調査、立案
  • マーケティング調査
  • 観光まちづくりに関する組織、DMO/DMC等の組成、運営に関するアドバイス
  • 観光サービス人材の育成
  • セミナー、フォーラム、会議、交流会の企画、運営
  • 観光資源の発掘、調査
  • 出版物及び電子出版物の企画、デザイン、制作
  • 体験交流型観光の整備
  • 国内・海外での観光プロモーション事業
  • 旅行サービスの企画、開発、調査
  • 旅館、ホテル、飲食店などの経営ならびに運営指導
  • 飲食店メニューの開発
  • 特産品・おみやげ品の企画、開発、デザイン及び国内・海外販路支援
  • フードコーディネート業務全般
  • 上記に付帯または関連するコンサルティング業務

観光グランドデザイン・ビジョン策定

観光は今、地域再生の要として期待されている一方で地域間競争も激化しています。
観光振興を進める多くの地域では、地域資源を独自の魅力や旅人にとっての「旅の価値」として提案しきれず、頑張ってはいるが結果が出ない長いトンネルが続くといった事例も多くあります。また多様化する旅行ニーズを察知する能力や旅行業者としての様々なスキルアップなど、同事業を成功させ持続させるためには、イノベーションによるサービスの質の向上、新たな価値創出、市場への提案などが必要不可欠となります。
観光グランドデザイン策定の目的は、住民自らが地域資源に気付き、それを誇りとして未来に伝えていくこと。その中から心の交流が生まれる地域独自の個性あるツーリズムを創造し、持続していくためのロードマップづくりでもあります。
さらに来訪者を交流人口、関係人口として受け入れ、共に町の未来を創造していくものです。
つまり「まちをまるごと経営する」といった概念を共有し、新たなビジネスモデルとなるよう課題やシステム上の問題点の解決の方向性を示し、最大限かつ効率的に振興させることにあります。
観光グランドデザイン策定では、地域の観光戦略を策定します。ここでは地域観光における内外環境を分析し、事業の成功要因を導き、あるべき姿を作成し、業務要件および長期的観点からの観光計画を導き出します。

着地型観光の創造

旅行市場においてもニーズは「モノ消費からコト消費」へ移行し、その代名詞として体験型観光など様々なニューツーリズムが生まれ浸透してきましたが、来訪者が喜ぶのは体験ではなく、住民との心の交流であることを理解する必要があります。「物語がある。らしさがある。本物を感じる」のはもちろん、『売る』ためにはターゲットを絞り込むとともに、地域住民の手で「当たるまでプランを作り売り続けること」が大切です。そのためのロードマップをお作りしハンズオン支援を行っております。

観光地域資源の調査・分析・コンテンツ作り

『お客様の喜ぶ顔』をやりがいに、地域で輝く人たちを創造し、その上で『住む人も訪れる人も満足できる観光地づくり』。それが来訪者も満足する「売れる着地型旅行商品」の創造にも繋がっています。地域らしさを活かして持続できる観光集客数や交流人口を拡大させることを目的とすれば、まずわが町に対する印象調査をはじめ、可能性を探り仮説を立てるといったプロセスが重要となります。人はなぜ旅をするのか、時代のニーズに沿った旅とは何か、その目的を達成するためにわが町では何を提供できるのかまでのシンクタンク機能から顧客創造までをハンズオン支援いたします。

観光人材育成

住民の地域への誇りが地域資源を活かし、旅人を引き付ける魅力の創造となります。つまり「観光は人」。観光人材育成を通して最も重要な観光基盤整備のお手伝いをいたします。

詳細のご案内ページを見る

食のコーディネート

詳細のご案内ページを見る

地域ブランディング

特産品、工芸品、郷土料理、ご当地グルメ、観光地、史跡・景勝地、景観、祭、文化財、音楽、ご当地キャラクターなど対象は幅広く、地域ブランドを核に、地域振興や町おこし、集客・観光客増などの取り組みを応援します。また農産物の優れた品質や社会的評価が、地理的な気候や風土、歴史などに由来する特徴として原産地と関連づけられる場合、知的財産としてその名称を保護するなどの支援も行います。

コミュニティービジネスの支援

「ゲストハウスや農家・漁家レストラン、カフェなどのオープンや経営といった観光交流人口をターゲットとした新たなビジネスのスタートを応援します。また観光を地域振興や産業再生のツールとして捉え、地場産業や一次産業の技術や人材を活かした新たな地域ビジネス創出のお手伝いをいたします。手作りの技、産業遺産などなど、あるがままの暮らしや人が資源と気付けば地域の宝は眠っているはずです。